1. ホーム
  2. 親御さんはコチラ
  3. ≫家庭教師の教材はどんなものを用意したら良い?

家庭教師の教材はどんなものを用意したら良い?

家庭教師の教材について

黒板を使用して指導をする男性の家庭教師

家庭教師の先生にお願いするときにまず気になることと言えば、優秀な先生であるのかどうかということももちろんですが、教材はどのようなものを使用するのかということです。

厳選された良い教材を使ってほしいものですが、だからといって高額の教材を購入しなければいけないようでは困ってしまいます。

家庭教師が使用する教材はどのようなものが一般的なのでしょうか

ほとんどの家庭教師紹介業者は教材の販売をしていない

個人契約の家庭教師に依頼する場合もありますが、大抵の場合、家庭教師の紹介を行っている業者から先生が派遣されてきます。

その紹介元の業者で、家庭教師の月額料金以外に教材費を請求したり、教材を販売しているところは少なく、大抵の場合は学校指定のものを使うか生徒の方で用意します。

最初に教材についてや教材費についての案内がない場合は事前に確認しておくことが大切です。契約をしてしまってから、高額な教材費を請求されるなどのトラブルに発展しないように注意しましょう。

市販の問題集や参考書を購入

大抵の場合、教材は依頼する生徒側で用意しておくことがほとんどです。どのような教材を用意しておけば良いかわからないという場合は、学校の教科書を使用して何度か授業をしてもらい、子供のレベルに合わせて先生からおすすめの参考書や問題集を教えてもらうと良いでしょう。

参考書や問題集にもさまざまな種類とレベルがあり、子供に合ったものを選べるかどうかも学習の理解を深める上では大切なことです。

家庭教師を通して教材を購入してもらう

一般の書店に並ばないようなおもに進学塾などで使用しているような参考書や問題集を使って指導を行ってほしい、と思う家庭もあることでしょう。

また、子どもに適した教材を先生に選んでもらいたいと思う場合もあります。そのような場合には、担当の家庭教師を通して教材を購入してもらいます。

この場合は、トラブルを避けるためにも、紹介業者に報告や相談をしておくことが大切です。